FANDOM


クリーム・ザ・ラビット(Cream the Rabbit)は、セガのビデオゲーム『ソニックシリーズ』に登場する架空のキャラクター。初登場は2002年12月19日に発売された『ソニック アドバンス2』で、ウサギを擬人化したキャラクターである。

キャラクター設定 編集

  • 本名 クリーム・ザ・ラビット(Cream the Rabbit)
  • 愛称 クリーム
  • 性別:女
  • 種別:ウサギ
  • 年齢:6歳
  • 身長:70cm
  • 体重:12kg
  • 好きなもの:ソフトクリーム
  • 趣味:TV(ネクストショーが好きで良く見ている)
  • 一人称:わたし(ソニックラッシュではあたしと呼んだこともある)

ソニックシリーズの中では最年少キャラクター(チャーミーと同様)で6歳。良家のお嬢様で、母親のしつけにより、「デス・マス」口調で喋る。少々舌足らずである(だが、ソニックXでは普通の口調で話すこともある)。 お嬢様だが、所謂箱入り娘のようなところは全くない。好奇心旺盛なためか、危険な場所に足を踏み入れたり、エッグマンに単身(チーズと一緒だが)戦いを挑むなど、6歳のお嬢様とは思えないほどの行動派。 それが却って騒動を起こしてしまうこともあるが、子供ゆえに泣きそうになってしまうので周りは許してしまう。とはいえ基本的にはいい子なので、その事に味を占めて好き放題やるタイプではない。それにソニック達の冒険で足手まといになるようなことは殆ど無く、ソニック達の冒険に参加するだけの器は充分に持っている。

ソニックシリーズのキャラクターにしては珍しく、家庭や家族構成が描写されているキャラクターである(後述)。

チーズというチャオとは親友であり、いつも一緒にいる(ポケモンアニメシリーズのサトシのピカチュウに近い)。そのためか、ゲーム中でもチーズとのコンビネーションを生かした能力を見せる。プレイヤーキャラクターとして「クリーム」と言う場合、通常は「クリーム&チーズ」のことを指している。 また、エミーと仲がよく、ゲーム中ではエミーとともに行動することが多い(ソニックとテイルスの関係に近い)。エミーのサポートをしたり、思い込みの激しいエミーに対してツッコミを入れることもある。ただ、エミーとクリームの出会いや、仲良くなった経緯については全く語られてはいない。ソニック ヒーローズの時点で既に仲良しという設定になっていた。

ソニックとの出会いは、エッグマンにつかまっていたところをソニックに助けられたことによる。

ソニックシリーズの物語に関わるような設定は持っていないため、彼女がストーリーに深く介入することは殆ど無い。ソニック ラッシュでは、ソニックとブレイズの橋渡し的な役割りになった。『ソニッククロニクル 闇次元からの侵略者』では再びプレーヤーキャラクターとして登場する。)『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』ではプレイヤーの案内役として登場している。アドベンチャーツアーズではあるミッションに関わる。ソニック フリーライダーズでは、久々にメインシナリオがある。

能力 編集

クリームの能力として認知されているのは、ファン飛行(クリームバレット)とチャオアタックの二つである。

ファン飛行とは、耳を羽のように羽ばたかせて飛ぶ能力である。作品によってはクリームバレットという名前になっている。テイルスも飛行する能力を有するが、飛行能力はクリームのほうが劣っていることが多い。

チャオアタックは、チーズを敵キャラクターに体当たりさせて攻撃する能力である。これはクリーム固有の能力ではなく、チーズとのコンビネーション技である。チーズだけを体当たりさせることが多いが、クリームも一緒に敵に突撃していく、といった派生技もある。

ソニックチームの開発スタッフによると、クリームがこのような能力になったのはプレイヤーキャラクターのバランス調整の意味があるとのこと。 それというのも、前作(ソニック アドバンス)では、唯一の女性キャラクターとしてエミーが登場していた。しかし、エミーは上級者向けキャラクターであったため、ソニック アドバンス2では女性プレイヤーや低年齢プレイヤーへの配慮が必要であった。そのため、『空が飛べる』、『遠距離攻撃できる』、『敵を自動ホーミングできる』、といった初心者でもクリアできることをコンセプトにしたキャラクターを作ることになったのである。

家族 編集

ヴァニラ・ザ・ラビット
クリームの母親。クリームが礼儀正しいのは彼女のしつけのため、とされている。初登場はクリームと同様、ソニック アドバンス2である。このときはソニック達に助けられる、さらわれ役としての登場だった。初登場時は名前がなく、アニメ『ソニックX』で名前が明かされた。ソニックXでは第39話以降から登場回数が多かったが、ゲームに登場したのは今のところ携帯版ソニックシリーズのみである。プレイヤーキャラクターではなく、クリームの母親として以上の役割を与えられることも無い。
性格は非常におっとりしており、見た目からもクリームの母親であることを納得させられる女性である。クリームがソニック達と冒険をしていることについて、咎めることは一切ない。どう考えても6歳の子供にしては危険すぎる冒険をしていることは理解していると思われるが、クリームを止めようとはせず、クリームの帰りを家で待っている模様。
クリームからは『おかあさん(アニメ版ではママ)』、ソニックとテイルスからは『ママさん』、エミーからは『クリームのお母さん』(アニメより)と呼ばれる。
チーズ
クリームの親友のチャオ。蝶ネクタイを付けている。水色で、ニュートラルチャオである。ヤシの実が好物。ペット扱いになっているが、本当のペットではない。
チャオは外敵のいない場所でしか生息できないはずだが、彼は敵と戦う能力を有する。クリームとのタッグ攻撃は超強力であり、二人が力を合わせればエッグマンのロボットでも蹴散らすほど強い。
言葉は喋れず、『チャオ』としか言えないようだが、人名程度なら言えるようである。
彼にはチョコラという弟がおり、こちらは青い蝶ネクタイをしている。体色は茶色である。チョコラもクリームと一緒に生活しているのかは明らかではないが、ヴァニラやチーズと同様、乳製品に関連する名前であることから、家族である、という考え方も出来る。
ジーメル
エッグマンがソニックバトルのエメルを基にして作ったロボット。ソニックアドバンス3に登場。
当初はエッグマンの命令に従い、ソニック達と戦っていたが、カオスエメラルドの力を取り込んで暴走、アルティメットジーメルへとパワーアップした。スーパーソニックとエッグマンのタッグにより倒され、大気圏内に落下していった。その後、地上で倒れていたところをクリームとヴァニラに発見され、テイルスラボでテイルスに修理される。その後は、良きロボットとしてクリームと一緒に平和に暮らしているようである。

声優 編集

『ソニック アドバンス2』では声優による演出がなかったが、アニメ『ソニックX』よりあおきさやかが演じている(ちなみにチーズの声優はテイルスと同じく広橋涼)。それ以降に発売されたゲーム版でも同様である。


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアのコンテンツが使用されています(著者を閲覧する)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki