FANDOM


ファイル:Sonic Hedgehog gene structure.png

ソニック・ヘッジホッグ遺伝子 (Sonic Hedgehog Gene) とは、ソニック・ザ・ヘッジホッグにちなんで命名されたタンパク質。

解説 編集

1970年代に、我々の大脳がどのように我々の四肢を成長させるかに関連する遺伝子に、遺伝子の不完全な種であるミバエのトゲのような外見にちなんで「ヘッジホッグ」という名前が付けられた。1995年には、3つの「ヘッジホッグ」遺伝子のひもが見つかり、それぞれ「デザート・ヘッジホッグ」「インディアン・ヘッジホッグ」と面白おかしくも「ソニック・ヘッジホッグ」と名付けられた。近年では、「ソニック・ヘッジホッグ」遺伝子は、幹細胞の分裂と固有の癌の発見に関連しているため、非常に感心のあるテーマになっている。

ソニックヘッジホッグの同族体 (SHH : Sonic Hedgehog Homolog) は、デザート・ヘッジホッグ (DHH : Desert Hedgehog) とインディアン・ヘッジホッグ (IHH : Indean hedgehog) などからなる哺乳類の相同遺伝子にある3つのタンパク質のひとつである。SHH はもっともよく研究されたヘッジホッグのシグナリング経路のリガンドである。ヘッジホッグは、指、四肢、脳組織の成長などのような脊椎動物の器官形成の制御で重要な役割を担う。ソニック・ヘッジホッグは、分散して濃度勾配を形成する微粒子でありその濃度に応じて、発生中の胚の細胞でさまざまな影響を持つ、ルイス・ウォルパートフランス国旗モデルによって定義されているようにもっともよく実証されたモルフォゲンの実例である。SHHは大人の体でも重要であり続ける。SHHは成体幹細胞の細胞分裂を制御し、癌の発生に関わる。


外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki