FANDOM


ブレイズ・ザ・キャットとは、ニンテンドーDSの『ソニックラッシュ』で初登場した、ネコの皇女。14歳。ソルエメラルドを守護しており、エッグマンに盗まれたソルエメラルドを求めてソニックたちの世界へやってきた。普段は冷静沈着だが、それは内に秘めた感情を理性で押さえつけているようである。ソルエメラルドの守護者としての役目を重んじるあまり、自分を厳しく律し、縛りすぎるところがある。炎を操る能力があり、アクセルジャンプ、バーストホバー、といった能力が使える。「自分は常に一人である」と思っていたが、クリームと出会い、さらにソニックたちにふれ合うことで仲間、友の意味を教えられる。男勝りな口調で話すが自分の体重を言えなかったり、高いところが苦手だったり(つまり高所恐怖症)と、意外な一面がある。7つのソルエメラルドの力を使うことで、「バーニングブレイズ」になる。Xbox 360、PS3の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ (2006年のゲーム)』では荒廃した未来世界で炎の災厄「イブリース」を倒すべくシルバーと共に戦っていた。何故異世界の住人であるブレイズが未来にいたのか、理由は不明だが、ソニック達の世界とブレイズの世界を次元移動しようとした際、偶然時空移動を起こして未来世界に行ってしまったとされている。何度倒しても蘇るイブリースだが、再び倒した後、突然謎の生命体・メフィレスが登場。これにより様々な物語が展開されるが、最後はイブリースを再び倒した後、とある理由をきっかけに手に入れたカオスエメラルドの力でイブリースを自身の体内に取り込み、シルバーの目の前で自らを異次元に封印する。
これによりイブリースは消滅するが、ある事をきっかけに何と世界自体が消滅。しかし、最終的にはソニック達が歴史を変える事により、世界消滅(勿論ブレイズ消滅も含む)は無かった事になる。これが『ソニックラッシュ』や他の一部の『ソニックシリーズ』でのブレイズの登場に繋がる事となる。『ソニックライダーズ シューティングスターストーリー』では隠れキャラとして登場。更に『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではフィギュアとシールとして登場し、『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』と、『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』ではソニック側のバランスタイプキャラとして参加している。アドベンチャーツアーズでは異世界の大会に興味があるらしくシルバーとコンビを組み、2回戦うことになる。とあるミッションでデイジーと仲良くになり、彼女からプリンセスと呼ばれる。


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアのコンテンツが使用されています(著者を閲覧する)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki