FANDOM


マイルス "テイルス" パウアー (Miles "Tails" Prower)は、セガのビデオゲーム『ソニックシリーズ』に登場する架空のキャラクター。初登場は、1992年11月21日に発売したソニックシリーズの第2作目にあたるソニック・ザ・ヘッジホッグ2からで、スピンオフ作品である漫画やアニメーションにも登場している。キツネを擬人化したキャラクターで、 尻尾が2本あることから「テイルス」の異名を取る。

キャラクター設定 編集

  • 名前:マイルス・パウアー "Miles Prower"
  • 通称:テイルス
  • 種族:キツネ
  • 性別:男
  • 身長:80cm
  • 体重:20kg
  • 年齢:8歳
  • 特技:メカの操縦、プロペラ飛行(ヘリテイル)
  • 趣味:機械いじり
  • 好きな物:クリスマス、ミントキャンディ
  • 一人称:ボク(ソニックピンボールパーティーではエッグマンの洗脳によってオレと呼んだ)

ソニックと出会う以前は2本ある尻尾のことでイジメられていたが、ソニックと出逢い、彼に憧れ後ろを追うことで勇気と前向きな気持ちが持つようになる。ソニックは憧れの対象だが、心の中ではいつかソニックに頼られるような存在になりたいと願っている。

尚、通称名の「テイルス」は尻尾の意の「tail」と複数形の「s」をくっつけたものである。つまり、尻尾が2本あることに由来する。

公式プロフィールにおいては多くの場合上記のように表記されており、性格的には常にポジティヴで行動的なソニックと対照的な設定がなされている。当初は非常に気弱で内向的な性格付けがなされていたが、近年の作品においてはソニックも一目置く頼りがいのあるパートナーとして描かれており、ソニックアドベンチャーのテイルスのテーマソングである“BELIEVE IN MYSELF”においても、一方的な憧れから脱却しようとする意思がうかがえる。

2以降のシリーズにはほぼ全てに出演している人気キャラクターで、以降の作品では、2Pキャラ、選択キャラとして操作できるものがほとんどであり、テイルスを主人公にしたスピンオフ作品も多数存在している。設定上の性別は男性である。

特筆すべきはその天才的な頭脳であり、自身が発明したメカや乗り物で活躍することが多い。発明のみではなく操縦も得意で、作品ごとに登場するメカはほぼ全て彼が搭乗している。スピンオフ作品やアニメでも、その世界の乗り物や研究物に強い興味を引かれるシーンが多々あり、Dr.エッグマン同様に一種のメカフェチ的な性格が見られる事から、発明を悪の目的に使うDr.エッグマンとは、同じくメカを扱うキャラクターとして対照的なイメージで描かれている存在といえる。そのため、楽天的なソニックに比べ、メカで悪事を働く彼を同じメカニックとして許せないところがあるがソニックワールドアドベンチャーでは、チップがエッグマンが人質にご飯を与えないような悪者だと思っているに対し、「いくらエッグマンでもご飯ぐらいはあげると思うよ」と言ったり、ソニック カラーズでもエッグマンが今までのことを謝りたいということに半信半疑ながらも「いくらエッグマンでもそこまでバカじゃないよ」と発言するなどソニックほどではないが付き合いが長いため、信頼している部分がある。またメタルソニックやエッグマンネガがエッグマンに成りすまし、悪事を働いた際、「これ、エッグマンのメカじゃない」もしくは「お前、エッグマンじゃないな」と話すほどIQが高いため、勘が鋭いところがある。(ただし、最後まで正体を確認することはなかった)

クリームが初登場するソニックアドバンス2まで、ソニックシリーズのキャラクターの中では最年少を記録している。

テイルスの扱うメカ 編集

TORNADO(トルネード)
機体下部にロケットエンジンのような物を搭載した複葉型のプロペラ飛行機。元はソニックが所有していたが、ほとんどの場合テイルスが操縦している。ソニック ワールドアドベンチャーのPS3&X-BOX 360版ではトルネード2のように戦闘モードに変形できる機能を備え付けた。アニメ作品等(ソニックX)において、元は赤だった色をテイルスがトルネード2のカラーである青に塗り替えた、という描写があるが、これがゲーム上の公式設定とされているかは不明。
登場作:ソニック・ザ・ヘッジホッグ2等。
TORNADO2(トルネード2)
基本はトルネードと同じだが、原動力をカオスエメラルドにし、変形機能を備え付けたトルネードのアップグレード版。変形後はX字型の翼を持つ未来的なデザインとなるが、着陸できなくなるという欠点も持っている(ただ、ソニックアドベンチャーでのエッグキャリアとの戦闘後は機体を擦り付けて着陸していた)。ソニックアドベンチャーではエッグキャリアに突入する際に使用し、後にたまたま同じくエッグキャリア内にいたビック・ザ・キャットに使用されてミスティックルーインに墜落。更にその後、原動力になっているカオスエメラルドをカオスに奪われた。ソニックXの最終回では、チャックに改造され、ハイパートルネードへ変形する事が出来た。
登場作:ソニックアドベンチャー、ソニックX等。
CYCLONE(サイクロン)
トルネードシリーズを2足歩行メカに変形させたアップグレード版。ちなみにサイクロンはトルネードのモードチェンジ後の形態の名称を指しており、飛行形態時にはトルネードと呼ばれる。
登場作:ソニックアドベンチャー2
X TORNADO(Xトルネード)
発明家チャックとの共同で開発したトルネード2に代わる万能機。トルネードシリーズ同様、サイクロンへとアップグレードすることができる。
登場作:ソニックX

ソニック・ザ・ヘッジホッグ2以降に登場するプレイヤー陣営のメカは、そのほとんどがテイルスが設計開発したものであり、多くの乗り物やメカが登場する。 乗り物としての特性とキャラクター的な魅力が相まってか、ソニックブランドの名を冠したレースゲームにおいては、プレイヤーの自機として登場する事も多い。他の発明品としては、ソニックドリフトシリーズに登場した車や、ソニックライダーズのソニック達のギア、はては探知機や翻訳機、基地そのものなど、アニメやスピンオフに登場した物を含めると膨大な数になる。地上を高速で走るソニックと対比させる為か、飛行物が多い。

ストーリーブックシリーズのテイルス 編集

あくまで「良く似た人物」であり、本人ではない。

  • アリババ(ソニックと秘密のリング)
『アリババと40人の盗賊』の物語に出てくる貧乏な青年。町中でマジンに襲われていたところをソニックに助けられ、彼の冒険を陰ながらサポートする。この世界の英雄・シンドバットとは旧知の仲である。彼の姿が、あまりにもテイルスに瓜二つで(ソニックが彼を助けたのも、反射的に親友と勘違いしたため)ソニックはかなり困惑していた。
  • 鍛冶屋(ソニックと暗黒の騎士)
キャメロット城下で鍛冶屋を営む、業物の目利きに自信がある人物。ソニックの相棒・カリバーンの要望で、切れ味が落ちた聖剣を鍛え直す(と身だしなみ)ために、物語の最初に赴く相手。ソニックは、かつての『アラビアンナイト』での冒険で教訓を得ているようで、すぐにテイルス本人ではない事に気づく。
ゲーム中では、ミッション前に彼の店を訪れて、自身の剣の流儀(スタイルチェンジ)を変えたり、冒険の途中で手に入れたアクセサリーを装備したりと、冒険の下準備をすることが出来る。また、冒険を進めると武器の合成も出来るようになる。

声優 編集

メガドライブ版においては声の設定は存在しなかったが、ソニックアドベンチャーシリーズより声優による声の演出が始まる。 ソニックアドベンチャー:林一樹 ソニックシャッフル・ソニックアドベンチャー2:村田あつき OVA版:椎名へきる ソニックX:広橋涼 と、4度の変更がなされている。イメージの整合性を取る為か、アニメソニックX以降はゲーム作品においても広橋涼が演じている。


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアのコンテンツが使用されています(著者を閲覧する)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki