FANDOM


レイザー・ザ・シャーク
Razor the Shark
Sonic the Hedgehog #260.の登場時の絵
登場
初登場

Sonic the Hedgehog #260

現実世界のデザイナー
Creator
(real-world)

イアン・フリン(Ian Flynn)

身体的特徴

サメ

性別

金眼

衣装
  • 三粒のサメの歯のような黄色のもので飾られたグレーのネックレス
  • ポケットのついた緑のベルト
  • 5つのグレーのリング
Alignment and character traits
Alignment

ヒーローサイド

スキル、アビリティ、パワー
スキル

水中呼吸

レイザー・ザ・シャーク(Razor the Shark)とはアーチーコミックス(Archie Comics)から出版されたソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)シリーズのスピンオフ作品に登場するキャラクターの一人である。ポストスーパージェネシスウェーブ(Post-Super Genesis Wave)では、彼は擬人化したサメでありユーシビスシュライン(Eusebes Shrine)の守護者である。彼はクラッシャー(Crusher)というチャオを連れている。

歴史 編集

Waves of Change 編集

シャダードワールドクライシス(Shattered World Crisis)の際、サリー・アーコン(Sally Acorn)は地球を復元する為の解決策としてガイア神殿(Gaia Temple)へソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)、エミー・ローズ(Amy Rose)、ローター・ザ・ウォーレス(Rotor the Walrus)を送った。エミーがコーラル・ザ・ベタ(Coral the Betta)の声を洞穴で聞いたとき[1]、コラルは英雄達を助ける予知は現実になると信じており、レイザーとチャオのクラッシャーに三人のフリーダムファイターズをメロピス(Meropis)の外れにあるユーシビスシュラインへの護送を依頼した。ユーシビスシュラインへ到着したとき、レイザーとクラッシャーとフリーダムファイターズはチャオのアクエリアス(Aquarius)を繭に眠らせる為にコーラルがミスティックメロディー(Mystic Melody)を奏でる姿をみた。翌日、フリーダムファイターズ達はコーラルがアクエリアスが生まれ変わらずパニックになっている声が聞こえ目覚めた。ソニックはコーラルを助けようとしたが、しかしレイザーはソニックがコーラルを痛めつけると思ったのでソニックを攻撃した。戦いの前に、キャプテンストリッカー・ザ・マンティスシュリンプ(Captain Striker the Mantis Shrinp)と街の護衛隊(City Guard)はソニック達を待ち伏せて、神域への侵入の理由を問いた。[2]

外見 編集

黒色のに鼻と胴に白の線の入ったサメ。金眼に黒い瞳をしている。レイザーは首にネックレスをつけており腰に緑のロープで短剣と小物入れをつけている。彼の側部と頭のヒレにはリング型のピアスがついている。

性格 編集

威圧的で無感情な戦士である。彼は無愛想で短気な一面がありイライラしているときは他人に当たりやすく、そしておそらく洞察力に欠けている。しかし、彼の友達に対しては思いやりと忠誠心を持っており、彼らの存在かでは非常に行動が緩む。

能力 編集

水中でも呼吸ができ、陸上でも呼吸ができる。[2]また戦闘時は優秀な戦士である。

Razor's dagger

レイザーの短剣

武器 編集

刃渡りが長く柄はダークグレー、柄の先端は黄色のリング型の短剣を持ち歩いている。これには小さな鍔以外付いているものがない。彼自身を守る初期手段である。

他人との関係 編集

コーラル・ザ・ベタ 編集

レイザーは極端にコーラルに忠実で彼女自身に彼女の"私有の"護衛者として指名され、彼女の世話をすることを誓った。彼はいつでもコーラルが傷ついたり話に負けたとき、簡単に怒りだし即座に彼女の体と名誉を守ると決めている。また、彼はとても彼女に協力的で常に彼女の心の支えになっており彼の彼女からの信頼が失われることは無いであろう。コーラルがゆく先へ彼はどこまでもついてゆく。

パーリー・ザ・マンタレイ(Pearly the Manta Ray) 編集

レイザーはパーリー・ザ・マンタレイ(Pearly the Manta Ray)ととても親しく、彼女の兄のような存在であるが彼は彼女を苦しませるのが好きで通常、水鉄砲で彼女を指す。

出典 編集

  1. Sonic the Hedgehog #259 variant cover ending
  2. 2.0 2.1 Sonic the Hedgehog #260 - "Waves of Change - Part One"

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki