FANDOM


Deem Bristow

Deem Bristow.[1]

Deem Reginald Bristow (1947年4月11日 - 2005年1月15日)[2] とは、『ソニックアドベンチャー』『ソニックシャッフル』『ソニックアドベンチャー2』『ソニックバトル』『ソニックヒーローズ』『ソニックアドベンチャー3』でドクター・エッグマンの声を担当していた人物。

歴史 編集

2003年、4キッズエンタテインメントは『ソニックX』でアメリカ版吹き替え音声の権利を得た。現在のビデオゲームの声優を雇う代わりに、4キッズは独自に声優を雇った。Ryan Drummond が4キッズと接点をもったとき、『ソニックX』のプロデューサー、Michael Haigney はビデオゲームの声優が4キッズの本部があるニューヨークに住んでいないことを理由にビデオゲームの声優を使わないようにと要求した。その論議に加えて、4キッズはその声優らに対して移転の機会や『ソニックX』のオーディションのオファーをしなかった。[3] Bristow は、『ソニックX』でドクター・エッグマンの声を担当していた Mike Pollock と交代した。しかし、『ソニックアドベンチャー2』の声は『ソニックライダーズ』『ソニックライダーズ シューティングスターストーリー』でエッグマンのプレイ可能な状態で登場したため再利用された。


Bristow の死がセガに『ソニックX』のすべての声優陣を交代させることになったという噂が流れたが、キャスト交代の決定は彼の死の直前だった。[4] Mike Pollock は、日本のセガが、彼が死ぬ前に4キッズの声優を秘密裏に雇ったと主張している。[5]アメリカのセガの元社長 Simon Jeffery は日本のセガはアメリカにいるすべての声優を監督していると主張している。[6] しかし彼の死後は、彼の声は『ソニックライダーズ』と『ソニックライダーズ シューティングスターストーリー』で再度使用された。

参考文献 編集

  1. http://www.behindthevoiceactors.com/Deem-Bristow/
  2. Deem Bristow - IMDb より、
  3. ryandrummond.com Current Events July 2003, pages 2-4
  4. Sonic Scene interview, Pollock’s 13th answer
  5. Sonic voiceover cast replaced, Ryan’s e-mail
  6. Simon Jeffery interview, Jeffery’s 1st answer and closing statement

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki